コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダストガ dastgâh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダストガ
dastgâh

イランの古典音楽における基本音階で,アラブやトルコ音楽のマカームに相当する。ダストガからできる旋法をマカームとかアーバーズという。それぞれのダストガには決った旋律型があるが,旋律型をグーシェという。各ダストガは固有の音階をもち (その多くがイラン独特のほぼ4分の3音の音程を含む) ,それに基づきながらそれぞれ異なった情緒と名前をもつさまざまな旋律型グーシェの集積から成る。グーシェのなかには別の音階によるものも含まれる (つまり転調) が,必ずその帰属するダストガの基本音階へ復帰して終止する。今日の理論では,シュール,マーフール,ホマーユーン,セガー,チャハールガー,ラーストパンジュガー,ナバー,アブー・アター,バイヤーテ・トルク,アフシャーリー,ダシュティー,バイヤーテ・エスファハーンの 12のダストガに整理される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダストガの関連キーワードイスラム音楽ペルシア音楽ダストガーイラン音楽

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android