コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音程 おんていinterval

翻訳|interval

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音程
おんてい
interval

音楽用語。2音間の高さのへだたりをいう。2音の振動数の比によっても,このへだたりは表示できるが,一般には2音の間隔を階段的に数え,それを「度」で示し,さらにそのなかに含まれる半音の数の違いから,完全,長,,増,減を区別する音程の表示法が用いられる。その際,同一階段にある2音の関係は同度,または1度と規定され,順次,2度3度4度…がつくられ,1オクターブの関係は完全8度と呼ばれる。オクターブ以上にわたる音程は複音程と名づけられ,オクターブ以内の音程,すなわち単音程に還元して数えることがある (例:9度を2度と数える) 。また,全音階に表われる音程を全音階的音程,これが半音階的に変化された場合を半音階的音程と大別することができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おん‐てい【音程】

二つの音の高さの隔たり。「ピアノの音程が狂っている」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

音程【おんてい】

2音間の高さの差。表示方法には,度を単位とするもの(短2度=半音,長2度=全音が基準),振動数の比によるもの(音程比),セントを単位とするもの(オクターブを1200セント,すなわち半音を100セントと規定)がある。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんてい【音程】

二つの音の高さのへだたりを音程といい,同時的に響く2音のへだたりは和声的音程,順次的に響く2音のへだたりは旋律的音程と呼ばれる。ふつう音程を計るには,西洋音楽の基礎となっている7音音階(全音階)の各段階をもとにして〈度〉という単位を用いる。すなわち,同一段階の2音は同度または1度,二つの段階にまたがる2音は2度というふうに呼ぶ。8度にはとくにラテン語から来た〈オクターブ〉という言葉が用いられる。全音階の内部に現れる音程を全音階的音程といい,半音階的変化によって生じた音程を半音階的音程と呼ぶ(図)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おんてい【音程】

二つの音の高さのへだたり。西洋音楽では、全音階の七音の位置関係を基準として、「度」という単位で表す。また、同じ数値の度で表示される音程も、完全、長・短、増・減の別によって大きさを区別する。例えば、完全一度(同音)、短二度(半音)、長二度(全音)など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音程
おんてい
interval英語
Intervallドイツ語

2音間の高さの隔たりをいう。その現れ方によって、和声的音程(同時に響く場合)と旋律的音程(順次に響く場合)がある。音程の表し方として一般的に用いられているのは、半音と全音に基づく七音音階上の段階の数で示す西洋の方法で、単位は度を用いる。ただし、半音より狭い音程が重要な意味をもつインド、西アジアなどの音楽を記述するときには、微分音という用語が必要になる。以下ここでは微分音を除外して述べる。[南谷美保]

七音音階に基づく音程表示

ある音と同一段階にある音は同度、または1度の関係にあるとし、二つの段階にある音は2度、三つの段階ならば3度というように以下8度(オクターブ)まで達する。オクターブを超える音程(9度、10度……)を複合音程、それ以内を単音程というが、複合音程は1回ないし数回オクターブ音程を差し引いて、単音程に還元して考えることが多い。七音音階に基づく音程表示は、七音音階に基づかない音楽、および西洋以外の諸民族の音楽にも便宜的に用いられている。
(1)音程の種類 以下、単音程の範囲で述べる。同じ度数で示される音程でも半音の有無によって違いが生じるが、これを完全、長、短という名称をもって区別する。自然倍音列の各倍音間に現れるすべての音程は、完全1度、長・短2度、長・短3度、完全4度、完全5度、長・短6度、長・短7度、完全8度であり、完全音程と、長・短音程の二つの系列に分けられる。これらに、全音階中に現れる増4度と減5度を加えた音程を全音階的音程といい、増4度と減5度以外の増音程と減音程、重増音程および重減音程を半音階的音程という。
(2)音程の名称の変化 完全音程と長・短音程の2系列を中心とし、そこから半音の幅で増減することによって音程の名称が変化する。すなわち半音広がれば増音程、狭まれば減音程となる。なお、長音程が半音狭まると短音程となり、さらに半音狭まると減音程となる。
(3)音程の転回 音程をなす2音の一つを反対側へ1オクターブ移すことによって得られる音程を転回音程といい、これと原音程との度数の和はつねに9である。
(4)音程の協和 協和とは同時に鳴る音がよく調和して響くような関係にあることをいい、調和しない音程関係を不協和という。音程の協和関係は、完全協和音程(完全1度、完全8度、完全4度、完全5度)、不完全協和音程(長・短3度、長・短6度)、不協和音程(長・短2度、長・短7度と、すべての増・減音程)の3種に定義される。[南谷美保]

振動数に基づく音程表示

(1)音程比によるもの 一つの音程をなす2音の振動数の比を最簡約した分数比(低音が分母、高音が分子)で表すもの。
(2)音程値によるもの 音程比の対数を求めて、それを比例によって秩序づけた単位(音程値)で示すもの。「対数値」は、音程比の対数を1000倍し、3桁(けた)の整数で示すもの。「サバール値」は、サバールを基準として示すもの。1サバールとは、対数値の1オクターブ=301.03の近似値をとって1オクターブ=300とした値をいう。「ミリオクターブ値」は、オクターブの値を1000とし、他の音程はこれらと対数値との比例によって算出するもの。「セント値」は、エリスの考案したもので、今日もっとも広く用いられているもの。十二平均律の半音を100とする。「日本式音程値」は、1オクターブを6とし、全音を1、半音を0.5とするもので、音響学者田辺尚雄(ひさお)の考案による。「角度値」は、1オクターブを360度とし、音程の値を角度で示すものである。[南谷美保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

音程の関連キーワードクロマティック・スケール[chromatic scale]リング・モジュレーター [ring modulator]旋律的音程 [melodic minor scale]ハンマリング・オン[hammering on]協和和音[consonant chord]不協和音 [dissonance]協和音[consonance]チューニング[tuning]全音[whole tone]アーミング[arming]半音 [semitone]9th (ナインス)スチールドラムチョーキング自然的短音階不協和音程ボコーダー完全音程微少音程協和音程

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音程の関連情報