ダルマチアナイト(英語表記)dalmatianite

岩石学辞典の解説

ダルマチアナイト

西ケベックに産する先カンブリア紀の変成火山岩で,SiO2の範囲は30~68%に及ぶ.風化面では明るい斑点が見えるが,新鮮な表面では斑点は石基よりも暗い.酸性のものでは斑点は石英粒のモザイクでできているが,塩基性のものでは斑点は菫青石,直閃石,カミングトン閃石磁鉄鉱でできている.石基には黒雲母が非常に多く含まれる[Cooke : 1927, Walker : 1930, Tilley : 1935].岩石名はダルマチアン(dalmatian)種の犬に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android