コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菫青石 きんせいせきcordierite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菫青石
きんせいせき
cordierite

斜方晶系のケイ酸塩鉱物。 (Mg,Fe)2Al3(Si5,Al)O18 。硬度7,比重 2.53~2.78。淡青色,ガラス光沢。透入双晶の結果,擬六方晶系をなすことが多い。低温で生じる含水菫青石と,高温で生じる無水菫青石とがある。接触変成作用,または比較的圧力の低い広域変成作用を受けた泥質岩の中にきわめて広く出現し,黒雲母アルマンディン,直閃石などと共存する。花崗岩ペグマタイトに出現することもあり,まれに安山岩の中に斑晶状結晶として出現したり,その中の捕獲岩にみられることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きんせいせき【菫青石】

アルミニウム・マグネシウム・鉄を含むケイ酸塩鉱物。斜方晶系に属し、無色ないし淡青色でガラス光沢をもつ。変成岩やペグマタイト中に産する。人工的にも作られ、耐火材として用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菫青石
きんせいせき
cordierite

双晶あるいは結晶成長の段階で擬六方柱状をなす鉱物。新鮮なものは劈開(へきかい)がないが、やや変質すると底面に平行な裂開がよく発達することがある。変質して緑泥石や白雲母(しろうんも)などになる。日本で桜石といわれるものがこれにあたる。新鮮で透明な結晶を光にかざしてみると、菫(すみれ)色からすこし黄色みを帯びた青色まで変化する。これは多色性が肉眼で観察できる一つの例で、二色石という別名がある。高温で生成されると六方晶系のインド石indialiteになる。泥質岩起源のホルンフェルス、片麻岩、結晶片岩、安山岩、玄武岩などに産する。鉄の多い鉄菫青石sekaninaiteは花崗(かこう)岩ペグマタイト、熱水鉱脈中に産する。英名はフランスの鉱山技師コルディエPierre L. Cordier(1777―1861)にちなむ。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

菫青石の関連キーワードカリ長石菫青石ホルンフェルス相空晶石珪線石型変成相系列角閃石ホルンフェルス相菫青石(データノート)大隅石(おおすみせき)輝石ホルンフェルス相ケイ(珪)酸塩鉱物アンソフィリタイトホルンフェルス相ダルマチアナイトマデュカライ岩ムスコヴァド岩菫青石直閃石岩菫青石安山岩ムスコヴァドエス型花崗岩菫青石花崗岩ケラミカイトアヴィオロ岩セラミサイト