ダンネムーラ(英語表記)Dannemora

世界大百科事典 第2版の解説

ダンネムーラ【Dannemora】

スウェーデンのウップランド県北部の自治体。1952年にダンネムーラ,フィルム,ムールカーラ教区が合併して自治体に昇格。有名なダンネムーラ鉱山を有し,スズ鉱のほかに,主産の鉄鉱石は硫黄分が少のため工具用鋼材に使用される。15世紀から開発が進み,16世紀には王室領であったが,その後民間に売却され,数社の私企業が〈ダンネムーラ鉱山開発事業団〉を結成し,鉱区が割り当てられ,運営されている。【清原 瑞彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android