コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チアミン一リン酸

栄養・生化学辞典の解説

チアミン一リン酸

 チアミンのリン酸誘導体で,活性型であるチアミンピロリン酸(チアミン二リン酸)からピロホスファターゼの作用でリン酸が一つ除かれて生成する.またチアミンホスホキナーゼの作用によってチアミンからも生成する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android