コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸 リンさん phosphoric acid

3件 の用語解説(リン酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン酸
リンさん
phosphoric acid

十酸化四リンと水との反応により生成する酸。次の3種がある。(1) オルトリン酸  H3PO4 。理論上のオルトリン酸は P(OH)5 すなわち H5PO5 であるが,これは未知の仮想物質である。その脱水物に相当し,また古来よりよく知られている H3PO4 をオルトリン酸と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

リン酸

 正リン酸(H3PO4(mw98.00)),メタリン酸((HPO3)n),ピロリン酸(H4P2O7(mw177.97))を総称していうが,特に断わらない場合は正リン酸.ヒト血液中の正常値は3.4〜4.5mg/dl

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リン酸
りんさん
phosphoric acid

五酸化二リンが水和してできる一連の酸mP2O5nH2Oの総称で、オルトリン酸、二リン酸(ピロリン酸)、ポリリン酸、メタリン酸などがあるが、一般にはオルトリン酸を単にリン酸とよび、正リン酸ともいう。化学式H3PO4、式量98.0。市販品は濃度89%、85%、75%のものが普通に知られている。[守永健一・中原勝儼]

製法

実験室では、リンを酸素または空気中で燃やしたとき生じる五酸化二リンを水と作用させるか、赤リンと濃硝酸を反応させてつくる。工業的には、黄リンの燃焼と水和によってつくる乾式法と、燐(りん)鉱石の硫酸分解によってつくる湿式法がある。乾式法には、燃焼生成物を流下する希薄リン酸により直接水和させる直接法と、燃焼過程と水和過程を分ける二段方式などがある。乾式リン酸はそのまま工業用に使えるので有利である。燐鉱石を硫酸で分解し石膏(せっこう)を濾別(ろべつ)して得られる湿式リン酸は肥料原料となるが、不純物を除くため溶媒抽出法などによる精製が必要である。[守永健一・中原勝儼]

性質

純リン酸は無色、柱状晶。融点42.35℃。比重1.834(18℃)。潮解性があり、20℃で水100グラムに542グラム溶ける。85%リン酸の沸点158℃。比重1.685(25℃)。凝固点21.1℃。エタノール(エチルアルコール)にも可溶。不揮発性で、加熱すると二リン酸やポリリン酸となり、さらに加熱するとメタリン酸となる。リン酸は塩酸、硝酸より弱い三塩基酸であるが、鉄、アルミニウム、亜鉛などと反応して水素を発生してリン酸塩を生じる。これらリン酸塩は水に不溶で、金属表面に保護皮膜を形成するものが多く、リン酸塩皮膜処理として利用される。[守永健一・中原勝儼]

用途

リン安、硫リン安、過リン酸石灰などリン酸質肥料に用いられるほか、さびの除去をはじめ化学研磨、防食皮膜形成、電解研磨などのための金属表面処理剤、あるいは脱水、縮重合、異性化などの有機合成触媒、さらに染料工業やリン酸塩、縮合リン酸塩の製造原料、食品加工や医薬品などに広く使用される。[守永健一・中原勝儼]

生体内のリン酸

生体内のリンはほとんどがリン酸の形で存在し、リン酸塩およびリン酸エステルとして広く生物界に分布する。すなわち、リン酸はエステルの形で核酸、リン脂質、リンタンパク質など生体の主要な構成成分を形成する。また一般に、高エネルギーリン酸結合をつくってエネルギー代謝に重要な役割を果たし、さらに物質代謝で多くの物質がリン酸エステルの形で転換しており、多くの酵素も補酵素としてリン酸エステルをもつ有機化合物を必要とする。[笠井献一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リン酸の関連キーワードコルベ=シュミット反応発色反応ニトロサミン副生成物アルギニノコハク酸化学浸透圧説光リン酸化反応酸化的脱アミノ反応α‐ケトグルタル酸ヒ素鉱物(砒素鉱物)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リン酸の関連情報