コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェロ[violincello、cello] チェロ

音楽用語ダスの解説

チェロ[violincello、cello]

バイオリン属最大の擦弦楽器バイオリンより長さ約2倍、横幅約4倍と大型。弦は4本。バイオリンに比べると、椅子に腰を掛け楽器を床上に立てて演奏する事による運弓法上の制限がある反面、大きなサイズがより自由な運指・表現を可能にしている。又、弦が長く、張りも強いことにより、豊かで美しいハーモニックス音や、指ではじくピチカート奏でのうるおいに富みんだ音と長い余韻などを生み出している。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

チェロ[violincello、cello]の関連キーワードニコラウス アーノンクールエマーヌエル フォイアマンロースソーン(ローソーン)ピーテル ウィスペルウェイヤーノシュ シュタルケルクレンゲル, ユリウスミクローシェ ペレーニクレメンス ハーゲンポール トルトリエアンドレ ナヴァラベアンテ ボーマン宮沢賢治とチェロロストロポービチアルペッジョーネレナード ローズビオロンチェロアルノンクールグレーデナーヨーヨー マボッケリーニ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android