床上(読み)しょうじょう

精選版 日本国語大辞典「床上」の解説

しょう‐じょう シャウジャウ【床上】

〘名〙 ゆかの上。また、ねどこの上。
※文華秀麗集(818)上・蒙譴外居、聊以述懐、敬簡金吾将軍〈仲雄王〉「昏帰恥対閨中妾、夜臥強談上児」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉附録七「牀上(シャウジャウ)に一張の琴(きん)を置き」 〔漢書‐外戚・孝成趙皇后伝〕

とこ‐あげ【床上】

〘名〙 大病や出産のあと、回復して寝床をあげること。また、その祝い。とこばらい。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉一九「直(ただち)に湯浴(ゆあみ)を医者の許したまで健かになって床揚(トコアゲ)をしたのである」

ゆか‐うえ ‥うへ【床上】

〘名〙 床の上。また、床よりも上。
※咄本・鹿の子餠(1772)雪隠「大水の見舞に行てみれば、床上(ユカウヘ)へはあげず」

ゆか‐あがり【床上】

〘名〙 床から衣服までを垂直に測った寸法。裾を床に平行にするために測る。床上がり寸法とも。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「床上」の解説

ゆか‐うえ〔‐うへ〕【床上】

建物の床の上。また、床から上。「床上まで水につかる」

しょう‐じょう〔シヤウジヤウ〕【床上】

ゆかの上。また、とこの上。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android