コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チシマフジツボ(千島藤壺) チシマフジツボBalanus cariosus

世界大百科事典 第2版の解説

チシマフジツボ【チシマフジツボ(千島藤壺) Balanus cariosus】

寒流海域の低潮線付近の岩礁上に群生する北方系のフジツボ(イラスト)。完胸目フジツボ科の甲殻類。殻の直径3~6cmくらい。殻の形などは一見南方系のクロフジツボに似ているが,殻の表面の色はこれと異なる汚れた白色をしている。宮城県松島湾以北に分布している。【蒲生 重男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android