コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒲生 かもう

6件 の用語解説(蒲生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒲生
かもう

鹿児島県中部,姶良市西部の旧町域。鹿児島湾奥に注ぐ別府川の上流域に位置する。1928年町制。2010年加治木町,姶良町の 2町と合体して姶良市となった。東部の小盆地にある中心地区の上久徳は,古い宿駅で,薩摩藩集落であった。西部はシラス台地。その大部分は山林で,蒲生杉の産地。伝統的和紙製造がみられる。米,ムギ,ミカンなどが栽培され,養鶏,畜産も行なわれる。八幡神社境内のクスの木は樹齢 1500年,日本一の大クスといわれ,国指定特別天然記念物。また,同神社には国指定重要文化財の秋草双雀文様(しゅうそうそうじゃくもんよう)銅鏡がある。住吉池は釣り,ハイキングに好適。地域の一部は藺牟田池県立自然公園に含まれる。

蒲生
がもう

滋賀県南東部,東近江市南西部の旧町域。日野川中流域にある。 1955年朝日野村と桜川村が合体,町制。 2006年東近江市に編入。日野川と支流の佐久良川の合流点に位置し,丘陵地には古墳が多く,低地には条里制遺構がある。主産業は農業で蒲生米の産地。肉用の近江牛の飼育も行なわれる。奈良時代前期の三重塔および五輪塔,宝塔といった国指定重要文化財を所蔵する石塔寺など,古社寺が多数ある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がもう【蒲生】[地名]

滋賀県南東部、東近江(ひがしおうみ)市の地名。旧町名。旧町域は日野川が貫流する近江牛の産地。石塔寺がある。

がもう【蒲生】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「蒲生」姓の人物
蒲生氏郷(がもううじさと)
蒲生君平(がもうくんぺい)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がもう【蒲生】

滋賀県中東部、東近江市の地名。百済くだらの様式を模した三重石塔のある石塔寺がある。

がもう【蒲生】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蒲生の関連情報