コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チタン精錬業 チタンせいれんぎょう titanium refining industry

1件 の用語解説(チタン精錬業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チタン精錬業
チタンせいれんぎょう
titanium refining industry

チタン鉄鉱と金紅石 (ルチル) を原料としてチタンをつくる産業。 1952年に工業化された。アメリカで開発されたクロール法によって精錬する。原料に炭素を加え,塩化炉で塩素を通じて加熱,液状の四塩化チタンとし,精留して不純物を取除き,真空還元炉でナトリウムまたはマグネシウムで還元してスポンジチタンをつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チタン精錬業の関連キーワード金紅石チタン磁器チタン白チタン鉄鉱ルチル二酸化チタンシリコテライトチタン鉄鉱系列チタン鉄鉱岩ネルソナイト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone