コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チタン精錬業 チタンせいれんぎょうtitanium refining industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チタン精錬業
チタンせいれんぎょう
titanium refining industry

チタン鉄鉱と金紅石 (ルチル) を原料としてチタンをつくる産業。 1952年に工業化された。アメリカで開発されたクロール法によって精錬する。原料に炭素を加え,塩化炉で塩素を通じて加熱,液状の四塩化チタンとし,精留して不純物を取除き,真空還元炉でナトリウムまたはマグネシウムで還元してスポンジチタンをつくる。これを棒状に圧縮したものを電極として真空中でアーク溶解して鋳塊 (インゴット) にしたのち,板,管,棒,条,線などの展伸材を製造する。チタンは資源的にも特性などからも鉄,アルミニウムに次ぐ金属材として注目されており,家庭電化製品から航空宇宙産業にまでわたる広範な分野に利用され,今後も産業規模の拡大が見込まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チタン精錬業の関連キーワードチタン鉄鉱

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android