コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チタン酸エステル チタンさんエステルtitanic acid ester

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チタン酸エステル
チタンさんエステル
titanic acid ester

Ti(OR)4 の一般式をもつ有機金属化合物。チタン酸 H4TiO4 と ROH (Rはアルキル基またはアリール基) とのエステル。Rがメチルのときは固体で,エチル以上の場合は無色油状液体。エステル交換アルドール縮合反応などの触媒として用いられる。また水酸基との反応性が強いので,高分子化合物の架橋剤として有用である。耐熱性塗料としてチタン酸テトラブチルが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チタン酸エステルの関連キーワード有機金属化合物アルキル基アリール基エステル耐熱塗料メチル

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android