コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チトラル地区 チトラルChitral

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チトラル〔地区〕
チトラル
Chitral

パキスタン北部,カイバル・パクトゥンクワ州マラカンド県にある地区。旧チトラル藩王国の中心地。ヒンドゥークシ山脈の南東斜面を占め,北部から西部はアフガニスタンと接する。前1世紀頃から中国の支配下にあったが,11世紀からアフガニスタンのイスラム教徒が移住。1889年にイギリス軍が駐屯,1947年にパキスタン領となった。その後もスルタンのもとに藩王国として自治が続いていたが,1971年以降,チトラル地区としてパキスタン行政下に入った。標高 1500m前後の高地に位置するが,峡谷部は土地が肥沃で,コムギ,オオムギ,トウモロコシ,イネが栽培され,クルミ,ブドウ,アンズなども豊富。鉄,銅,マンガンの鉱床がある。ヌーリスターン人系のホー族が住む。面積 1万4833km2。人口約 16万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android