コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あんず

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

あんず[果樹類]

北陸甲信越地方、長野県の地域ブランド。
主に千曲市の森・倉科・更級地区で生産されている。森地区であんずの栽培が始まったのは、江戸時代の天和年間(1681年〜1684年)といわれ、松代藩主・真田幸道のもとへ嫁いだ姫が、故郷の風情を偲ぶものとしてあんずの苗木を取り寄せて配布したという。あんずの種子は、漢方薬としても使用される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あんずの関連情報