あんず

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

あんず[果樹類]

北陸甲信越地方、長野県の地域ブランド。
主に千曲市の森・倉科・更級地区で生産されている。森地区であんずの栽培が始まったのは、江戸時代の天和年間(1681年〜1684年)といわれ、松代藩主・真田幸道のもとへ嫁いだ姫が、故郷の風情を偲ぶものとしてあんずの苗木を取り寄せて配布したという。あんずの種子は、漢方薬としても使用される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あんずの関連情報