チャンギ国際空港(読み)ちゃんぎこくさいくうこう(英語表記)Changi International Airport

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャンギ国際空港
ちゃんぎこくさいくうこう
Changi International Airport

シンガポールの国際空港。都心部の北東約20キロメートル、シンガポール島東端の海上を埋め立ててつくられた。面積1300ヘクタール。長さ4000メートルの滑走路2本をもつ。24時間運用。年間利用客数は約3243万1000人、貨物量は約183万4000トン、発着回数約20万8000回(2005)。シンガポールは従来、都心部の北東約11キロメートルにあるパヤ・レバー国際空港を使用してきたが、発着量の増加に応ずるため、空軍基地であったチャンギ飛行場の拡大を計画し、1975年着工、1981年第1期工事を完成して開港した。これに伴って、パヤ・レバー空港は空軍基地に転用され、必要に応じて不定期便やチャーター便のための補助空港としても用いることとなった。開港以来、優れた空港に贈られる「Best Airport in the world」など、400を超える受賞歴がある。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャンギ国際空港の関連情報