青木(読み)あおき

精選版 日本国語大辞典の解説

あお‐き あを‥【青木】

〘名〙
① 青々とした木。青い木。なま木。⇔枯れ木
※虎明本狂言・鱸庖丁(室町末‐近世初)「きりめじんじゃうなるまないたにあをきのまなばし」
② 秋に落葉しない、一年中緑色をしている木。常緑樹。
③ 桑の一品種。茎が緑色を帯び、葉の柔らかなもの。二齢から四齢までの蚕の飼料に適する。芽がもろく落ちやすい。あおきこぼれ。
※俳諧・俳諧四季部類(1780)四月「植物類〈略〉青木の花」
④ ミズキ科の常緑低木。各地の山林に自生するが、庭木としても栽培され、園芸品種が多い。高さ二~三メートル。葉は長さ一〇~一五センチメートルの長楕円形で、縁に粗い鋸歯(きょし)がある。雌雄異株で、春、緑色か紫褐色の小さな四弁の花が円錐形に集まって咲く。実は楕円形で冬に赤く熟す。葉を火にあぶったものはやけど、切り傷に効くという。桃葉珊瑚(とうようさんご)。あおきば。
▼あおきの花《季・春》
▼あおきの実《季・冬》〔日葡辞書(1603‐04)〕

あおき あをき【青木】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あお‐き〔あを‐〕【青木】

青々としている樹木。生木。
ミズキ科の常緑低木。暖地の森林に自生。葉は厚くつやがある。雌雄異株。春、緑色あるいは褐色の小花をつけ、冬、橙赤(とうせき)色で楕円形の実を結ぶ。庭木とされ、品種も多い。桃葉珊瑚(とうようさんご)。 花=春 実=冬》「雪降りし日も幾度よ―の実/汀女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

青木 (アオキ)

学名:Aucuba japonica
植物。ミズキ科の常緑低木,園芸植物,薬用植物

青木 (アオキ)

植物。クスノキ科の常緑大高木,園芸植物,薬用植物。タブノキの別称

青木 (アオキ)

植物。イチイ科の常緑針葉高木,園芸植物,薬用植物。イチイの別称

青木 (アオキ)

植物。ニシキギ科の常緑小高木,園芸植物,薬用植物。マサキの別称

青木 (アオキ)

植物。常緑樹の総称,または,の品種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android