チャーリーカール(英語表記)Chārīkār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャーリーカール
Chārīkār

アフガニスタン東部,パルワーン州の州都。首都カブールの北 56km,標高 1600mのヒンドゥークシ山脈南麓に位置する。カブールからマザーレシャリーフにいたる幹線道路沿いにあり,ヒンドゥークシ越えの要路ゴルバン渓谷の入口にあたる。近代的織物工場のあるグルバハールが近く,1962年以来人口が増加している。刃物類,銀細工のほか陶器,鋳物鉄器の工業があり,また質のよいブドウの産地でもある。人口2万 6500 (1988推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android