チャールース(英語表記)Chālūs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャールース
Chālūs

イラン北部,マーザンダラーン州の町。カスピ海南岸に近く,チャールース川河口に位置する小さな市場町テヘランよりカスピ海岸への最短道路があり,夏季には首都からの保養客が多い。人口約1万 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android