コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュロス王アポロニオス チュロスおうアポロニオスDiēgēsis Polypathous Apollōniou tou Tyrou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュロス王アポロニオス
チュロスおうアポロニオス
Diēgēsis Polypathous Apollōniou tou Tyrou

古代ローマの小説。作者未詳。3世紀頃ギリシア語で書かれたものらしいが,ラテン語の翻訳"Historia Apollonii regis Tyri"のみが伝わる。シェークスピアの『ペリクリーズ』の究極の源泉。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android