コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源泉/原泉 ゲンセン

デジタル大辞泉の解説

げん‐せん【源泉/原泉】

水がわき出るもと。みなもと。
物事が発生してくるもと。「活力の―」「知識の―」
[補説]書名別項。→原泉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源泉 げんせん

977-1055 平安時代中期の僧。
貞元(じょうげん)2年生まれ。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の余慶にまなぶ。長久4年宮中の最勝会(さいしょうえ)の講師をつとめ,法眼,のち権僧正(ごんのそうじょう)となる。天喜(てんぎ)元年天台座主(ざす)となったが,延暦(えんりゃく)・園城両寺の争いから3日で辞任した。天喜3年3月18日死去。79歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源泉/原泉の関連キーワードラーゼニュスカーコロナーダブランド・エクイティの測定ブランド連想のユニークさ合掌の森中尾キャンプ場マネーローンダリング源泉かけ流し温泉の日総合課税・分離課税タックスシェルター美里「佐俣の湯」ブランド化成分エゲルサローク申告分離課税源泉徴収制度秘境の湧き水洛南高等学校ブランド探索ファウンテン源泉分離課税任意積立金資本準備金