ツイストペアケーブル(読み)ツイスト ペア ケーブル

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ツイストペアケーブル

2本のケーブルがねじってある、より対線のケーブル。ケーブルをねじることにはノイズを打ち消す効果があり、通信できる距離を延長できる。100Base-TXや1000Base-TなどといったEthernet用のケーブルとして広く利用されている。また、シールドの有無により、STP(Shielded Twisted Pair)とUTP(Unshielded Twisted Pair)に分類される。一般的なLANで利用されているのはUTPケーブル。さらに、ネットワークケーブルとして利用される際には、信号品質などの基準によってカテゴリーが定義されている。ADSLや光ファイバー、CATVなどのブロードバンド回線には、ギガビットイーサネットに対応したカテゴリー6以上のケーブルが適している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ツイスト‐ペアケーブル(twisted pair cable)

2本の銅線をより合わせて対にしたケーブル。平行型に比べ、外部からのノイズの影響が小さい。縒(よ)り対線(ついせん)。TPケーブル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android