コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツガイケカビ(番毛黴) ツガイケカビZygorhynchus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツガイケカビ(番毛黴)
ツガイケカビ
Zygorhynchus

藻菌類接合菌類ケカビ目のカビ。多く土壌の中に生息し,特に森林土壌から簡単に分離できる。無性生殖器官として,ケカビ類のものと同様の胞子嚢を形成することもある。有性生殖はホモタリックであるので叉状に分枝した菌糸の一方に雌性の配偶子嚢をひとつがいになって形成し,それらは互いに子嚢接合する。雌性配偶子嚢が受精すると厚膜をかぶり接合胞子となって休眠する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android