コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胞子嚢 ホウシノウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胞子嚢
ほうしのう

胞子を内生するため、嚢状に母体から仕切られて形成されるもので、この中の胞子は胞子嚢胞子といわれる。胞子嚢胞子には不動胞子と遊走子があり、遊走子を生ずる胞子嚢は遊走子嚢ともいう。ツユカビのような陸生植物に寄生する卵菌類の胞子嚢は、雨水があれば遊走子を生じ、水がないときには分生子のように発芽して菌糸を生ずる。水生シダなどには大胞子嚢と小胞子嚢とがある。種子植物では胚珠(はいしゅ)が大胞子嚢、花粉袋が小胞子嚢に相当する。[寺川博典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

胞子嚢の関連キーワードハリエダケカビ(針枝毛黴)クモノスカビ(蜘蛛の巣黴)マキエダケカビ(捲枝毛黴)ミズタマカビ(水玉黴)ハリサシカビ(針刺黴)サンショウモ(山椒藻)クサレケカビ(腐毛黴)リュウビンタイモドキユミケカビ(弓毛黴)エダケカビ(枝毛黴)ムラサキホコリカビエダカビ(枝黴)サンショウモ科トクサ(砥草)クモノスカビコケシノブ科デンジソウ科ミズニラ科ウラボシ科ウラジロ科

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android