コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胞子嚢 ホウシノウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胞子嚢
ほうしのう

胞子を内生するため、嚢状に母体から仕切られて形成されるもので、この中の胞子は胞子嚢胞子といわれる。胞子嚢胞子には不動胞子と遊走子があり、遊走子を生ずる胞子嚢は遊走子嚢ともいう。ツユカビのような陸生植物に寄生する卵菌類の胞子嚢は、雨水があれば遊走子を生じ、水がないときには分生子のように発芽して菌糸を生ずる。水生シダなどには大胞子嚢と小胞子嚢とがある。種子植物では胚珠(はいしゅ)が大胞子嚢、花粉袋が小胞子嚢に相当する。[寺川博典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

胞子嚢の関連キーワードクモノスカビ(蜘蛛の巣黴)ハリエダケカビ(針枝毛黴)マキエダケカビ(捲枝毛黴)クサレケカビ(腐毛黴)ハリサシカビ(針刺黴)ミズタマカビ(水玉黴)エダケカビ(枝毛黴)リュウビンタイモドキムラサキホコリカビエダカビ(枝黴)デンジソウ科クモノスカビコケシノブ科ウラボシ科クリハランブラシカビイワヒバ科ミズニラ科ウラジロ科虎の尾羊歯

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android