胞子嚢(読み)ホウシノウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胞子嚢
ほうしのう

胞子を内生するため、嚢状に母体から仕切られて形成されるもので、この中の胞子は胞子嚢胞子といわれる。胞子嚢胞子には不動胞子と遊走子があり、遊走子を生ずる胞子嚢は遊走子嚢ともいう。ツユカビのような陸生植物に寄生する卵菌類の胞子嚢は、雨水があれば遊走子を生じ、水がないときには分生子のように発芽して菌糸を生ずる。水生シダなどには大胞子嚢と小胞子嚢とがある。種子植物では胚珠(はいしゅ)が大胞子嚢、花粉袋が小胞子嚢に相当する。[寺川博典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうし‐のう ハウシナウ【胞子嚢】

〘名〙 胞子を形成する嚢状の生殖器官。芽胞嚢。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android