コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツボミゴケ

世界大百科事典 第2版の解説

ツボミゴケ

苔類のツボミゴケ科ツボミゴケ属Jungermanniaの総称。世界に約200種,うち日本に約30種ある。湿った土上,岩上や水中などに生育する。葉は全縁で,茎に2列につき瓦状に重なり,腹葉はない。花被は口が狭く,つぼみ状を呈する。オオホウキゴケJ.infusca (Mitt.) Steph.は本州以南の各地に普通に産し,崖や土手などに群生する。チャツボゴケJ.vulcanicola (Schiffn.) Steph.は温泉の付近に多く,硫黄を含んだ水中黄緑色赤褐色の大群落をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ツボミゴケの関連キーワードマリゴケ(毬蘚)マリゴケコケ植物苔類

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android