コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北川 きたがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北川
きたがわ

宮崎県北部,延岡市中北部の旧町域。北で大分県に接する。 1972年町制。 2007年延岡市に編入。江戸時代は延岡藩領。ほとんどが山林原野で,中央部を北川が南流し,集落は北川の本支流沿いに点在する。林業が主産業で,シイタケを特産するほか,和牛の飼育も行なわれる。西部は祝子川 (ほうりがわ) の上流域で深い峡谷をなし,祖母傾国定公園の一部。祝子川モウソウキンメイ竹林は国の天然記念物に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きたがわ【北川】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「北川」姓の人物
北川民次(きたがわたみじ)
北川冬彦(きたがわふゆひこ)

きた‐がわ【北川】[地名]

福井県西部を流れる川。滋賀県高市北部の三十三間山(標高842メートル)東麓に源を発し、天増(あます)川として南流し寒風(さむかぜ)川と県境で合流し、北川となる。北西流して三方(みかた)上中郡若狭(わかさ)町で鳥羽川、さらに小浜(おばま)市で遠敷(おにゅう)川を合わせ小浜湾に注ぐ。長さ約30キロ。流域の約80パーセントが山地

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きたがわ【北川】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕北川(きたがわ)


福井県南西部を流れる川。1級河川(北川水系)。延長30km。流域面積224km2。源流の滋賀県北西部を流れる天増(あます)川を含む。滋賀・福井県境の三十三間(さんじゅうさんげん)山(標高842m)に源を発した天増川が山間を南流、寒風(さむかぜ)川を合わせ、県境で北西に流れを転じて熊(くま)川断層帯に沿って構造平野をつくり、小浜(おばま)湾に注ぐ。中下流沿いに京都と結ぶ若狭(わかさ)街道が通じ、鯖(さば)街道とよばれる物資輸送路となった。中流沿いに国道303号、下流沿いに同27号とJR小浜線が通じる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の北川の言及

【高山集落】より

…17世紀八ヶ岳の西麓に開拓された広原の稗底(ひえぞこ)は1200mの高地で,高山集落の上限であったが冬季酷寒のため放棄された。赤石山地の大鹿村北川は養蚕業の最盛期には集落の上限は1490mに達し,当時は日本最高であったが,1930年代からその上限は下降し,61年の集中豪雨による土石流で壊滅した。第2次大戦後の高距開拓地としては霧ヶ峰農場(1320m)や,笛吹川の一支流琴川の上流の柳平(1500m)がある。…

※「北川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北川の関連キーワード高知県安芸郡北川村久江ノ上静岡県賀茂郡東伊豆町北川高知県安芸郡北川村野友甲うさぎのみみはなぜながい高知県安芸郡北川村竹屋敷高知県安芸郡北川村野友乙高知県安芸郡北川村宗ノ上高知県安芸郡北川村菅ノ上高知県安芸郡北川村二タ又高知県安芸郡北川村弘瀬高知県安芸郡北川村和田高知県安芸郡北川村平鍋高知県安芸郡北川村木積高知県安芸郡北川村野川高知県安芸郡北川村小島高知県安芸郡北川村安倉高知県安芸郡北川村西谷高知県安芸郡北川村久木高知県安芸郡北川村加茂高知県安芸郡北川村長山

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北川の関連情報