ツポレフTu-160(読み)ツポレフティーユーいちろくれい(英語表記)Tupolev Tu-160

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ツポレフTu-160」の意味・わかりやすい解説

ツポレフTu-160
ツポレフティーユーいちろくれい
Tupolev Tu-160

ソビエト連邦の超音速戦略爆撃機。北大西洋条約機構 NATOのコード名はブラックジャック Blackjack。アメリカ合衆国のロックウェルB-1爆撃機に対抗するもので,可変後退翼をもつ。 1981年 12月に初飛行,1988年に実戦配備となった。操縦性に富み,地形追随機能を備えているほか,AS-15巡航ミサイルを搭載,敵の射程外からのスタンドオフ攻撃能力をもつ。約 100機が生産されたとみられるが,1992年1月ロシアのボリス・エリツィン大統領が軍縮提案のなかで本機の生産中止を発表した。しかしその後も演習飛行への参加,ミサイルの発射実験,1995年のパリ航空ショーへの参加などを行なっており,1999年9月には新たに製造された Tu-160がカザン工場で完成,翌 2000年空軍へ引き渡された。エンジンがサマラ NK-321ターボファン (推力 14t,アフタバーナ使用時 25t) 4,乗員4,全長 54m,全幅 (主翼展張時) 55.8m,総重量 275t,最大速度マッハ 2.3,航続距離1万 4000km。武装はミサイル,爆弾など 16.3t。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android