コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツーバイフォー構法 つーばいふぉーこうほう/2ばい4こうほうtimber frame construction

知恵蔵の解説

ツーバイフォー構法

英国から伝わった木造構法が北米大陸で発展、変化して生まれたもので、米国やカナダでは最も一般的な木造住宅の構法。規格化された木材でつくられ、その主要な断面のサイズが2インチ×4インチ(two‐by‐four。およそ5cm×10cm)に近いことからこう呼ばれている。日本では、正式には枠組壁構法といい、木材で組まれた枠組み構造用合板を張った壁・床によって構成される壁式構造。在来構法による木造住宅のような柱を用いずに住宅をつくる。

(松村秀一 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

ツーバイフォー構法の関連キーワードプラットホーム構法

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツーバイフォー構法の関連情報