ツーバイフォー構法(読み)つーばいふぉーこうほう/2ばい4こうほう(英語表記)timber frame construction

知恵蔵の解説

ツーバイフォー構法

英国から伝わった木造構法が北米大陸で発展、変化して生まれたもので、米国やカナダでは最も一般的な木造住宅の構法。規格化された木材でつくられ、その主要な断面のサイズが2インチ×4インチ(two‐by‐four。およそ5cm×10cm)に近いことからこう呼ばれている。日本では、正式には枠組壁構法といい、木材で組まれた枠組み構造用合板を張った壁・床によって構成される壁式構造。在来構法による木造住宅のような柱を用いずに住宅をつくる。

(松村秀一 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツーバイフォー構法の関連情報