断面(読み)だんめん(英語表記)section

翻訳|section

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

fXB が全射のとき,各 bB についての原像 f-1(b) ごとに xg(b) がとれれば,f(g(b))=b となる。この g を断面または横断面という。 X が位相空間で g(b) がbについて連続といった条件を課することが多い。一般論としても選択公理 (→ツェルメロの公理 ) が関係しているが,種々の数学的構造に関して,断面の存在が問題とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

物を任意の線で切断した切り口。「地層の断面
ある角度から見た物事の状態や様子。「社会の断面」「生活の一断面

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 物体の切りくちの表面。切断面。また、土地の切り立った面。
※妄想(1911)〈森鴎外〉「砂山の岨が〈略〉殆ど鉛直な、所々中窪に崩れた断面(ダンメン)になってゐるので」
② 物事をある観点から見た場合、そこに現われている状態。一面。
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一一七「彼はお延の性質を其著るしい断面(ダンメン)に於てよく承知してゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

断面の関連情報