コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断面 だんめんsection

翻訳|section

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断面
だんめん
section

fXB が全射のとき,各 bB についての原像 f-1(b) ごとに xg(b) がとれれば,f(g(b))=b となる。この g を断面または横断面という。 X が位相空間で g(b) がbについて連続といった条件を課することが多い。一般論としても選択公理 (→ツェルメロの公理 ) が関係しているが,種々の数学的構造に関して,断面の存在が問題とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だん‐めん【断面】

物を任意の線で切断した切り口。「地層の断面
ある角度から見た物事の状態や様子。「社会の断面」「生活の一断面

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だんめん【断面】

切り口の面。切断面。 「レールの-」
普段は隠されていて、ある視点から見た時に表れる姿・形。 「現代社会の一-」
〘数〙 立体と平面との交わりの面。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

断面の関連キーワードポメランチュクの定理ブラジウスの理論クロスセクション曲げモーメントエリアルール六角棒スパナツェルメロOring異形断面糸エンチソルIbeam掻い折れ釘衝突断面積現代社会断面係数危険断面2×6丸打ち交わりレール

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

断面の関連情報