コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティッカーシンボル ticker symbol

デジタル大辞泉の解説

ティッカー‐シンボル(ticker symbol)

主に欧米の証券取引所(金融商品取引所)などで、上場銘柄ごとに付けられたアルファベット1字から4字のコード。多く、企業の略称や頭文字・ブランド名・代表的な商品名などから付けられる。→証券コード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ティッカーシンボル

証券会社や証券取引所で働く関係者が、各銘柄(企業)を見分けるために使う記号。電子取引が普及する前は証券会社の人たちが伝票手書きをしていた。米国ではアルファベットが使われるが、日本の株式市場では、「7203」(トヨタ自動車)や「6758」(ソニー)のように4ケタの数字で構成される。

(2012-09-19 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ティッカーシンボルの関連キーワードチッカーシンボル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android