ティヤーガラージャ(読み)てぃやーがらーじゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティヤーガラージャ
てぃやーがらーじゃ
Thygarja
(1767―1847)

南インドの作曲家。タンジョール地方のティルバルール村に生まれる。バラモン階級出身で、詩人・哲学者でもあった彼は、テルグ語・サンスクリット語で700曲以上にも及ぶ声楽曲を作詞・作曲した。今日よく知られるラーガ(旋法)は彼によって定着し、最重要歌曲クリティの形式も彼によって完成されたといわれる。今日、彼はディークシタルMuthuswami Dkshitar(1775―1835)、シャーマ・シャストリyma stry(1763―1827)とともに「三楽聖」と称されているが、そのなかでもっとも敬愛を集め、演奏会などでは、ヒンドゥー神の絵とともに彼の肖像画が飾られることが多い。代表作に『五つの宝石のキールタナ』などがある。[柴田典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のティヤーガラージャの言及

【作曲】より

…代々伝えられてきた楽曲をほぼそのまま演奏する,即興性の低い演奏形式もあるが,そういう場合でもその曲の由来を歴史上の個人に帰する場合は少ない。数少ない例としては,インドのティヤーガラージャTyāgarāja(1767‐1847)のように作曲家として個人の名が残っていることもある。量的にはるかに多いのは,同時代または時代をこえて集団により作曲された場合で,当然個人の作曲家は問題とされない。…

※「ティヤーガラージャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android