ティロス島(読み)ティロストウ

デジタル大辞泉の解説

ティロス‐とう〔‐タウ〕【ティロス島】

TilosΤήλος》ギリシャ東部、エーゲ海にある島。古代名テロス島。イタリア語名ピスコピ島。ドデカネス諸島に属し、コス島ロードス島の間に位置する。中心地はメガロホリオ。中世の城壁や修道院などが残っているほか、島内の洞窟から発見された小形のゾウの化石などを展示する博物館がある。紀元前4世紀頃の女流詩人エリンナの生地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android