コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオリコン theōrikon

世界大百科事典 第2版の解説

テオリコン【theōrikon】

古代ギリシア語で〈観劇料〉の意。アテナイにおいて公共の諸祭典の折,国家によって貧窮市民に支払われた手当。前5世紀中ごろペリクレスによって導入された。前4世紀には専門の財務官団をもつ〈基金〉として,独立の財政部門を形成した。支給額はほぼ1日分の生活費に相当。のち国家財政の全余剰金がそれに回され,市民全体に支給されるようになって文字どおり〈民主政の糊〉として機能したが,マケドニアのアテナイ占領とともに,この制度も廃棄された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android