コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手当(て) テアテ

デジタル大辞泉の解説

て‐あて【手当(て)】

[名](スル)
ある物事を予測して用意しておくこと。準備。「資金の手当てがつく」
病気やけがの処置を施すこと。また、その処置。「病院で手当てを受ける」「傷口を手当てする」
労働の報酬として支払われる金銭。「看護人の一か月の手当て
基本の賃金のほかに諸費用として支払われる金銭。「単身赴任に手当てがつく」「家族手当て
心付け。祝儀。チップ。「手当てをはずむ」
犯人・罪人のめしとり。捕縛。
「明日が日、己(おれ)が―になり」〈伎・島鵆月白浪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

手当【てあて】

基本給に付加して支払われる賃金。退職金等の算定基準からは除かれる。役付手当,特殊作業手当など特定種類の労働に支払われるもの,家族手当,通勤手当,住宅手当など生活補助的なもの,超過勤務手当,精勤手当など労働刺激的なものに大別。
→関連項目賃金体系

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

手当(て)の関連キーワードゴールデン・パラシュート原爆症認定制度の変遷農林漁業普及指導手当農林漁業改良普及手当高年齢求職者給付特別児童扶養手当時間外労働手当就職促進給付子ども手当法エクゼンプト技能習得手当普及指導手当求職者給付所定外賃金所定内給与配偶者手当所定内賃金基準内賃金児童手当法時間外手当