コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手当(て) テアテ

2件 の用語解説(手当(て)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

て‐あて【手当(て)】

[名](スル)
ある物事を予測して用意しておくこと。準備。「資金の手当てがつく」
病気やけがの処置を施すこと。また、その処置。「病院で手当てを受ける」「傷口を手当てする」
労働の報酬として支払われる金銭。「看護人の一か月の手当て
基本の賃金のほかに諸費用として支払われる金銭。「単身赴任に手当てがつく」「家族手当て
心付け。祝儀。チップ。「手当てをはずむ」
犯人・罪人のめしとり。捕縛。
「明日が日、己(おれ)が―になり」〈伎・島鵆月白浪

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

手当【てあて】

基本給に付加して支払われる賃金。退職金等の算定基準からは除かれる。役付手当,特殊作業手当など特定種類の労働に支払われるもの,家族手当通勤手当住宅手当など生活補助的なもの,超過勤務手当,精勤手当など労働刺激的なものに大別。
→関連項目賃金体系

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

手当(て)の関連キーワード観測需要予測思惑師気構え然知ったり手際寝溜め織込む早手回し偏流修正飛行

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone