テクノデモクラシー(英語表記)technodemocracy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「テクノデモクラシー」の解説

テクノデモクラシー
technodemocracy

第2次世界大戦後,民主主義国においては,めまぐるしい技術革新によって,これまでにない高度な工業社会が現れるにいたった。そこでは技術者,行政官,管理者,組織者,学者実業家などの寡頭集団がテクノストラクチュアを形成するようになった。この結果,自由主義的デモクラシーは後退し,それに代って寡頭集団が政策決定に大きな役割を演じるにいたった。 M.デュベルジュはこれをテクノデモクラシーと名づけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android