テスモフォリア(英語表記)Thesmophoria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「テスモフォリア」の解説

テスモフォリア
Thesmophoria

古代ギリシアにおけるデメーテル・テスモフォロスの祭り。ムギの播種期にアテネをはじめ各地で盛大に行われた。テスモフォロスとは,テスモスが法や慣習を意味するところからラテン語の legifera (「法をもたらす者」の意。ケレスに冠せられる) と古来同義に解せられることが多いが,本来はテスモスの古義に由来し「種籾をもたらす者」の意。したがって祭りは穀物豊穣祈念を目的としていた。ピュアノプシオン月 (10~11月) の 12~14日までが祭りの期間で,デメーテルの娘コレーが地中に奪われ,やがて再生することを主題として祝われた。地中に埋められた子ぶたを掘出し,それにこれからまく種をまぶしたものが捧げられた。またこの祭りは女だけの祭りとして名高く,アリストファネスの『テスモフォリアの女たち』はこの祭りの混乱を扱ったもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android