コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テタンジェのシャンパン醸造所 テタンジェのシャンパンじょうぞうじょ

世界の観光地名がわかる事典の解説

テタンジェのシャンパンじょうぞうじょ【テタンジェのシャンパン醸造所】

フランス北部のシャンパーニュ地方の中心都市ランス(Reims)にある、世界的に有名なシャンパン(発砲ワイン)の銘柄テタンジェ(Taittinger)を製造するシャンパーニュテタンジェ社の醸造所(シャンパンメゾン)。この醸造所は、ランス駅から約2.5kmの場所にあるシャトードラマルケトリー(寄せ木細工の城)にある。アルザス生まれのピエール・シャルル・テタンジェが第一次世界大戦後、この城を、そして続いて1734年創立のシャンパンの醸造所フルノー社を買い取り、1930年からテタンジェの銘柄でシャンパンを売り出した。その醸造所はサンニケスという修道院の跡地につくられ、石切場を利用したカーヴ(貯蔵室)がある。このカーヴは、13世紀にサンニケス大修道院から来た修道士によって拡張され、シャンパンを保存したのが始まりとされる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android