テッサリア文化(読み)テッサリアぶんか

百科事典マイペディアの解説

テッサリア文化【テッサリアぶんか】

ギリシアのテッサリア地方の新石器時代文化。2期に分けられ,第1期(セスクロ文化,前6000年―前5000年)は,発達した土器土偶をもち,ギリシア半島南端にまで影響を及ぼした。第2期(ディミニ文化,前5000年―前4000年)には,土器がさらに発達して形や文様が多様化し,土偶は形式化した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android