コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テバイを攻める七将 テバイをせめるななしょうho Hepta epi Thēbas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テバイを攻める七将
テバイをせめるななしょう
ho Hepta epi Thēbas

ギリシアのアイスキュロスの悲劇。前 467年アテネの演劇祭の競演で1位となった3部作の第3部。ほかの2作『ライオス』と『オイディプス』は現存しないが,ライオス王家3代の悲劇をそれぞれ扱う。父オイディプスの呪いによって,父亡きあとのテバイの王位をめぐって争う兄弟 (テバイ王エテオクレスと,アルゴス王の援助を得てテバイの7つの城門へ迫るポリュネイケス) の骨肉の争いと2人の死,および反逆者として戦場に放置されるポリュネイケスの遺骸を,禁を犯して葬ろうとする妹アンチゴネを描いている。従来のギリシア悲劇の関心は神の正義であったが,この作品では人間の正義が中心テーマとなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テバイを攻める七将の関連キーワードフェニキアの女たち

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android