コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呪い/詛い ノロイ

デジタル大辞泉の解説

のろい〔のろひ〕【呪い/×詛い】

のろうこと。呪詛(じゅそ)。「―をかける」「―をとく」

まじ‐ない〔‐なひ〕【呪い】

神仏その他不可思議なものの威力を借りて、災いや病気などを起こしたり、また除いたりする術。「呪いをかける」「人前でもあがらないお呪い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

呪い【まじない】

呪術(じゅじゅつ)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

まじない【呪い】

神仏や霊力をもつものに祈って、災いを逃れようとしたり、また他人に災いを及ぼすようにしたりすること。また、その術。呪術。 「お-をする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

呪い/詛いの関連キーワードアイ・プット・ア・スペル・オン・ユーフェルナンド ディヴォワールウィザードリィ・外伝ナターリヤ ワルレイキャット・ピープル人を呪わば穴二つアバダ・ケダブラハウルの動く城ポリュネイケスまた逢う日までポール アルテマスリ王女の墓シャクンタラーナインスゲート星影のステラのろいをとく高堂 国典冬島 泰三吉田 豊作老水夫の歌

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android