コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テベサ Tébessa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テベサ
Tébessa

アルジェリア北東部の都市。アナバ南方約 160km,アトラス山脈東部山間,標高 885mに位置する。前7世紀にカルタゴの前衛基地がおかれ,前 200年頃最盛期を迎えたが,ローマに征服され,5世紀からバンダル人,ビザンチン帝国,アラブに征服されて歴史から姿を消した。 1840年にフランスの統治下に入ってからは,アルジェリアの南東入口として復興。半乾燥地帯にあり,エスパルト草 (パルプ原料) ,穀物,畜産物を集散。毛織物,皮革製品などを生産し,北東にはリン鉱山がある。ローマのカラカラ帝のアーチをはじめ,競技場,公衆浴場,ミネルワの神殿などがあり,ビザンチン時代の城砦が威厳を添えている。伝統や習慣はイスラム的。人口 10万 7559 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テベサの関連キーワードロベール メルルアナバ県メルル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android