コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレウス Tēreus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレウス
Tēreus

ギリシア神話の人物。アレスの子,トラキアの王。アテネ王パンディオンの娘プロクネと結婚したが,その妹フィロメラを犯し,秘密を保つため彼女の舌を切取った。しかし妹はこの事件を布に刺繍して姉に知らせたので,プロクネは復讐のためにテレウスとの間にできた子イテュスを殺し,料理して夫に食べさせた。テレウスは怒って姉妹を殺そうとしたが,神々の計らいで姉妹はそれぞれナイチンゲールとつばめに変えられ,テレウス自身はやつがしら鳥に変えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のテレウスの言及

【フィロメラ】より

…ギリシア伝説で,アテナイ王パンディオンPandiōnの娘。トラキア王テレウスTēreusに嫁いだプロクネProknēの妹。テレウスはプロクネとの間に1子イテュスItysをもうけていたにもかかわらず,プロクネが死んだと偽ってフィロメラを呼び寄せ,彼女を犯したあげく,口封じにその舌を切った。…

※「テレウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android