コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テングノメシガイ(天狗の飯匙) テングノメシガイTrichoglossum hirsutum; earth tongue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テングノメシガイ(天狗の飯匙)
テングノメシガイ
Trichoglossum hirsutum; earth tongue

子嚢菌類ビョウタケ目テングノメシガイ科。夏から秋にかけて,林下のセン類の間や落ち葉の中などに見出される高さ4~7cmの小型のキノコ。子実体は黒色,肉質,径 3mm,長さ3~5mmほどの円柱状の柄部と,長さ1~2cmの楕円状披針形または不整に長形をした平らな頭部とから成る。日本,ヨーロッパ,北アメリカ,インドに分布する。近縁種としてカバイロテングノメシガイ Geoglossum fallax,ヒメテングノメシガイ G. nigritumなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android