コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テングノメシガイ(天狗の飯匙) テングノメシガイ Trichoglossum hirsutum; earth tongue

1件 の用語解説(テングノメシガイ(天狗の飯匙)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テングノメシガイ(天狗の飯匙)
テングノメシガイ
Trichoglossum hirsutum; earth tongue

子嚢菌類ビョウタケテングノメシガイ科。夏から秋にかけて,林下のセン類の間や落ち葉の中などに見出される高さ4~7cmの小型のキノコ。子実体は黒色,肉質,径 3mm,長さ3~5mmほどの円柱状の柄部と,長さ1~2cmの楕円状披針形または不整に長形をした平らな頭部とから成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テングノメシガイ(天狗の飯匙)の関連キーワード子嚢子嚢菌類子嚢菌類・子囊菌類天狗の飯匙アマニタトキシン子嚢菌子嚢胞子タマゴタケテングノメシガイビョウタケ