ディエゴ マラーニ(英語表記)Diego Marani

現代外国人名録2012の解説

ディエゴ マラーニ
Diego Marani


国籍
イタリア

専門
作家

生年月日
1959

出生地
フェラーラ

経歴
ヨーロッパ連合理事会に通訳・翻訳校閲官として勤務。考案した人工言語“ユーロパント”で書いた国際ニュース解説をスイスの新聞に連載。単一言語主義を挑発した奇抜なアイデアが有名になり、1999年フランスでユーロパントによる短編集「Las adventures des inspector Cabillot(カビリオ警部の冒険)」を出版。2000年小説「Nuova grammatica finlandese(新しいフィンランド語文法)」で本格的にデビューし、グリンツァーネ・カヴール賞を受賞。「通訳」(2004年)のほか、「L’ultimo dei vostiachi(ヴォスティアキ族の最後)」(2002年カンピエッロ賞審査員選定賞、ストレーザ賞受賞)、「Il compagno di scuola(同級生)」(2005年カヴァッリーニ賞受賞)など多数の著書がある。

受賞
グリンツァーネ・カヴール賞「Nuova grammatica finlandese(新しいフィンランド語文法)」;カンピエッロ賞審査員選定賞〔2002年〕「L’ultimo dei vostiachi(ヴォスティアキ族の最後)」;ストレーザ賞〔2002年〕「L’ultimo dei vostiachi(ヴォスティアキ族の最後)」;カヴァッリーニ賞〔2005年〕「Il compagno di scuola(同級生)」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android