冒険(読み)ボウケン

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐けん【冒険】

[名](スル)危険な状態になることを承知の上で、あえて行うこと。成功するかどうか成否が確かでないことを、あえてやってみること。「前途に多くの冒険が待ち受ける」「冒険してみる価値がある」「冒険者」「冒険心」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

冒険

東海テレビ制作、フジテレビ系列放映による日本の昼帯ドラマ。1975年9月~11月放映(全60回)。出演:稲野和子、長門裕之、秋津令子ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうけん【冒険】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
危険を伴うことをあえてすること。 「 -談」 「 -旅行」
成功の見込みの少ないことを無理にすること。 「今、その事業に手を出すのはちょっと-だね」 「そんな-な考を出してはいけない/半日 鷗外」 〔venture, adventure の訳語として明治期から用いられた語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐けん【冒険】

〘名〙 (形動) 危険をおかして行なうこと。成否の確実でない事をあえて行なうこと。また、そのさま。
※修辞及華文(1879)〈菊池大麓訳〉通知「ユーリッシースが冒険の状」
※半日(1909)〈森鴎外〉「そんな冒険な考を出してはいけない」 〔北史‐陳元康伝〕
[補注]元来、漢籍では、「(危)険を冒す」の意で、「附音挿図英和字彙」(一八七三)には「Venture 冒険(ムヤミ)」「Adventure 険ヲ冒(ヲカ)ス」「Adventurer 冒険者(ムヤミナヒト)」などと見える。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冒険の関連情報