コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオエケシス ディオエケシスdioecesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディオエケシス
dioecesis

後期ローマ帝国の行政単位,管区。皇帝ディオクレチアヌス (在位 284~305) が地方統治を強化するためにいくつかの属州をまとめて全帝国を 12管区に分け,道長官 vicariusを中央から派遣した。コンスタンチヌス1世 (大帝) 以後は帝国を分担する4名の近衛総督が,いくつかの管区ごとに支配した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のディオエケシスの言及

【ローマ】より

…ローマ元老院は名目的な威信のみをもつ一都市参事会と異ならなくなり,コンスタンティノープル元老院がこれに競うようになった。属州統治はますますきめが細かくなり,その数は116にまで増加し,数属州をまとめて管区(ディオエケシスdioecesis)が,数管区の上に道(プラエフェクトゥラpraefectura)が置かれ,帝国は3または4道に分かれ,各道の担当として,今や財政を主とする文官となった親衛隊長が1人ずつ置かれた。そしてこの時代には文官経歴と武官経歴が完全に分離された。…

※「ディオエケシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone