ディスクダブラー(読み)でぃすくだぶらー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ディスクダブラー

ファイルの圧縮/解凍を行なうプログラムを常駐させ、ディスクアクセスを監視してダイナミックにこれを行なうことで、ディスクの見た目の容量を増やすプログラム。圧縮率はファイル内容によってまちまちだが、平均して50%程度に圧縮できることからこの名前がついている。 ディスクダブラーとしては、Stac Electronics社のStacker、Microsoft社のDouble Space/Drive Space、AddStor社のSuperStorなどが著名。このうちMS-DOS6.2/VにはDoubleSpaceが、PC-DOS J6.1/VにはSuperStor DSが標準で付属している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android