ディスクダブラー(読み)でぃすくだぶらー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ディスクダブラー

ファイルの圧縮/解凍を行なうプログラムを常駐させ、ディスクアクセスを監視してダイナミックにこれを行なうことで、ディスクの見た目の容量を増やすプログラム。圧縮率はファイル内容によってまちまちだが、平均して50%程度に圧縮できることからこの名前がついている。 ディスクダブラーとしては、Stac Electronics社のStacker、Microsoft社のDouble Space/Drive Space、AddStor社のSuperStorなどが著名。このうちMS-DOS6.2/VにはDoubleSpaceが、PC-DOS J6.1/VにはSuperStor DSが標準で付属している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android