コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

容量 ようりょうcontents; capacity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

容量
ようりょう
contents; capacity

本来は容器が取入れることのできる分量の最大値をいう。これを拡張して,熱の場合の熱容量,電気の場合の電気容量 (単に容量ということも多い) という用い方もする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

容量

データを入れられる量のことです。1TBハードディスクの場合、「1テラバイト」がその容量です。そのうちいくらかを使ってデータを保存済みの場合、残った量を「空き容量」といいます。DVD-RやCD-Rなどのディスク、メモリーカードなどの場合は、何枚あっても1枚当たりの容量が重要ですが、メインメモリー(RAM)では合計が重要です。
⇨RAM、TB、パーティション、メモリー

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐りょう〔‐リヤウ〕【容量】

器物の中に入れることのできる分量。容積。
一定条件のもとで物体が含みうる物理量熱容量静電容量など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

容量【ようりょう】

(1)容器の容積。(2)電池をある条件下で放電してとり出せる電気エネルギーまたは電気量。アンペア時またはワット時で表す。(3)静電容量熱容量の略。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

容量

 受け入れられる能力,または容器の体積

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ようりょう【容量】

入れ物に入れることができる分量。容器の容積。
「静電容量」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

容量の関連キーワードパラメトリックダイオードカップヌードル ビッグギターアクリルカラービッグ&スリム60SuperDiscキッチンマジック大容量メディアキャパシティーキャパシタンスナローバンドメモリー効果リアクタンスバリキャップ減容化技術通信路容量静電パッド回線利用率メール爆弾スタイニーARfD

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

容量の関連情報