コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧縮 アッシュク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

圧縮

データを元のサイズよりも小さくすること。データ量の大きなファイルを小さくすることでディスク容量の消費を減らしたり、通信にかかる時間やネットワークへの負荷を抑えられる。ファイルの圧縮に使われるソフトウェアを圧縮ツールといい、LHA、ZIPなどがある。画像や動画、音声のファイル形式として一般的に使われているJPEG、MPEGなども圧縮形式のひとつ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

圧縮

データをより少ないデータ量に変換する作業が圧縮、圧縮されたデータを元に戻す作業が解凍である。「解凍」という用語は、圧縮ファイルから元データを取り出すことを冷凍食品の解凍に見立てたもの。また音楽や映像などを圧縮して記録するMP3MPEG2、JPEGなどの規格では、圧縮前に人間の気がつきにくい部分を省略してデータを単純化して圧縮効率を上げている。このような方式を、解凍しても元データとまったく同じにはならないという意味で「不可逆圧縮」と呼ぶ。一方、解凍したデータが元データと完全に一致する方式を「可逆圧縮」という。

(斎藤幾郎 ライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

圧縮

データ量を小さくすることです。圧縮されたファイルはもとに戻さないと利用できません。小さくしたり、もとに戻したりするには、専用ソフトを使います。圧縮には複数の規格があります。データをより小さくする(圧縮率を高くする)には、多くの計算が必要で、時間がかかります。圧縮時に圧縮率を指定できることもあります。
⇨JPEG、LZH、MP3、ZIP、
可逆圧縮、不可逆圧縮

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

あっ‐しゅく【圧縮】

[名](スル)
物質に圧力を加えて容積を縮小すること。圧搾。「空気を圧縮する」
規模を小さくすること。数量や割合を減らすこと。「予算枠を圧縮する」「人件費を圧縮する」「削減率を圧縮する」「赤字圧縮
コンピューターで、ファイルを加工または変換して、その容量を小さくすること。コンプレッション。「複数のファイルを圧縮してメールに添付する」「原音を圧縮せずに記録する」→解凍2
文章などを要約して短くすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

あっしゅく【圧縮】

コンピューターや各種デジタル機器で扱われるファイルやデータの容量を、内容の実質的変化を伴わずに縮小すること。通信時間の短縮や、ハードディスクなどの容量消費を軽減するために行う。⇔解凍 ◇「データ圧縮」「ファイル圧縮」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あっしゅく【圧縮】

物体や気体に圧力を加えて、容積を縮小させること。特に、気体に圧力を加えて、容積を小さくすること。圧搾。
文章などを、ちぢめて短くすること。 「原稿を半分に-する」
コンピューターで扱うデータを一定のアルゴリズムを用いて変換し、小さくすること。 → 解凍
二つ以上の観念や事象が融合して一つになる、夢などにみられる心理現象。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

圧縮の関連キーワードデータ圧縮プログラムエアコンプレッサー歪みを許さない圧縮ファイル圧縮ソフトコンプレッション圧縮アルゴリズムデータ圧縮ソフト圧縮ソフトウェアDLTtape歪みを許す圧縮コンピューターコンプレッサーシネパック圧縮Cinepak圧縮/非圧縮アルゴリズム非可逆式圧縮非可逆性圧縮ロスレス圧縮ロッシー圧縮

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

圧縮の関連情報