コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディステギル・サール[山] Disteghil Sar

世界大百科事典 第2版の解説

ディステギル・サール[山]【Disteghil Sar】

カラコルム山脈の中央,ヒスパー・ムスターグに属するディステギル山群の主峰。標高7885mで,東側に中央峰と東峰が並ぶ。山名は放牧の家畜を囲い込む丸い石の壁の形をした雪の峰を意味する。1892年北側のシムシャール川渓谷を探検したイギリス人G.コッカーリルが発見したが,南のヒスパー氷河側からはクンヤン氷河に入り込まないと見えない。1957年イギリス隊,59年スイス隊がクンヤン氷河から試登し,60年7月8日オーストリア隊が初登頂に成功した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ディステギル・サール[山]の関連キーワードカラコルム山脈

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android